会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯 謹製 庄助酒彩吟醸漬 会津伝統素材にこだわった自慢の味

創業一三〇余年

老舗旅館「庄助の宿 瀧の湯」

こだわりの自家製醸造味噌と
酒どころ会津の吟醸酒や酒粕など
秘伝の「だし」で漬け込み
畜産品の旨味を引き出した
こだわりの逸品を
ぜひご賞味ください。

ここにしかない食材をオンリーワン
全国各地で、その地域らしさが失われてきています。
日本全国、どこでも同じような風景、同じような食べ物、ましてや、遠くの地方の食べ物ですら簡単に味わえる時代です。
そんな「らしさ」を失った時代に、「ここにしかない食材をオンリーワン」をコンセプトに
瀧の湯伝統の醸造味噌×酒処会津の伝統産品×福島・会津のブランド肉
との食材のコラボレーションにより誕生した商品が「庄助酒彩吟醸漬」です。
瀧の湯伝統の醸造味噌
 
酒処会津の伝統産品
 
福島・会津のブランド肉
創業130余年 会津東山温泉 庄助の宿 瀧の湯
古くより湯治場として栄えた「東山温泉」
古くより湯治場として栄えた「東山温泉」は、当館ゆかりの「小原庄助さん」、「竹久夢二」や、「与謝野晶子」などの文人墨客も訪れた温泉地で、東北三楽郷のひとつとして、古くから親しまれた温泉郷です。
130年以上に渡り、代々受け継がれた伝統を守り続ける自家製醸造味噌
当館「庄助の宿 瀧の湯」は、長い間「旅館 松島」として古くから親しまれてきました。
当館「庄助の宿 瀧の湯」は、長い間「旅館 松島」として古くから親しまれてきました。「旅館 松島」は、その地名であった「滝ノ湯」さらには、「小原庄助さん」ゆかりの宿であったことから、平成になってから「庄助の宿 瀧の湯」と名称を変更し、130年以上に渡り多くのお客様に親しまれてきました。
自家製醸造味噌
酒処会津の伝統産品
会津の気候風土が織りなす自然と豊かな土壌
会津の気候風土が織りなす自然と豊かな土壌から生まれる美味しい「水」と「米」から作り出される会津の美味しいお酒は、「酒処会津」として400年にもおよぶ歴史があります。福島の日本酒は、金賞受賞数は5年連続日本一です。
吟醸酒
酒粕
全国・東北清酒鑑評会連続受賞蔵
「名倉山酒造」の吟醸酒と酒粕使用
福島・会津のブランド肉
福島・会津ブランド牛
庄助酒彩吟醸漬プレミアム會津べこで使用している牛肉は、主に当社が契約している田部畜産牧場で飼育された黒毛和牛です。
飼育環境から飼料まで、一環した管理方法で和牛本来が持つ肉質の旨味を引き出した最高級の牛肉を使用しています。信頼できる生産家から仕入れた良質の食肉を使用しています。
会津地鶏
会津地鶏の由来は、平家の落人が愛玩用に持ち込んだものが広まったともいわれています。また、会津地鶏の黒く長い尾羽は、会津彼岸獅子の頭に使用されていました。
現在、食用に用いられている会津地鶏は会津地域で飼育されていたものを県の養鶏試験場が改良・増殖したもので、適度な歯ごたえと油がのっているためコクがあり、旨味に優れているのが特徴です。
福島ブランド豚
α-リノレン酸が豊富な「亜麻仁(アマニ)」で飼育した福島ブランド豚は、健康維持に大切な必須脂肪酸を含み、臭みが少なく口の中でとろける味わいが特徴です。
会津伝統の和柄 會津小紋
會津小紋
會津小紋」とは
庄助の宿 瀧の湯の女将は喜多方の旧家から嫁いできました。その実家の蔵から3万枚にも上る型紙が発見されました。
着物地の染め色に使用されてきた伝統の型紙は、和紙に柿の渋を厚く塗り、一枚一枚、信じられないほどに細かい紋様を手で切り抜いたもので、江戸時代に使われていたものです。
先人の技術と知恵には心から感服いたします。当館ではこの庶民文化財を「會津小紋」として登録、この紋様を様々な形で会津の伝統文化財として伝えていきたいと願っています。
インテリアや小物、浴衣、包装紙、ラベル、膳紙、オリジナル製品、はがき、ワインラベル、酒ラベル、照明器具、今回の庄助酒彩吟醸漬のパッケージにいたるまで會津小紋の意匠を使用し、會津ヌーヴォーの精神を醸し出していきたいと思います。
会津小紋型コレクションパッケージ「會津小紋シリーズ」
 
 
 
 
 
 
五代目湯守 齋藤純一
創業百三十余年、会津の地で愛し、愛されてきた庄助の宿瀧の湯。女将から若女将へと六代に渡り受け継がれた秘伝の醸造味噌と会津に四百年以上続く伝統の地酒の酒粕が融合した自慢のタレ。そして、永年の試行錯誤により良質な肉質に改良された会津を中心とした畜産品〈会津牛・会津地鶏・会津産馬肉〉等を漬け込んだ〈庄助酒彩吟醸漬〉は当館の板前人気メニューとしてご宿泊のお客様に愛されてきました。そしてこの度、お客様の多くのご要望により、〈庄助酒彩吟醸漬〉がご家庭でもお気軽に召し上がれる商品として誕生いたしました。当館ゆかりの小原庄助さんは有名な民謡「会津磐梯山」にも唄われるように、会津の酒をこよなく愛し、また大変な美食家でもあったと言われています。庄助というネーミングを使用した〈庄助酒彩吟醸漬〉は、小原庄助という名前に恥じない自慢の商品だと自負しておりますので、是非一度ご賞味ください。
創業130余年 庄助の宿 瀧の湯 謹製 庄助酒彩吟醸漬
数々の賞や認定をいただいた自慢の商品です
受賞盾と五代目湯守
・観光庁主催「世界に通用する究極のお土産」ノミネート賞受賞
・FOODEX JAPAN 2014-2016 美食女子グランプリ銀賞受賞
・福島ふるまい隊 認定商品
・会津ブランド 認定商品
・福島県産品 認定商品
・百貨店推奨ブランド 認定商品
・第5回新東北みやげコンテスト入賞
・料理王国100選2019 認定商品

庄助の宿 瀧の湯オンラインショップからのお知らせ

庄助の宿 瀧の湯 オンラインショップ

株式会社 幸房 瀧の湯(庄助の宿 瀧の湯 外販部)
〒965-0814 福島県会津若松市東山町湯本字滝の湯107
TEL. 0242-29-1001 FAX. 0242-27-3288
TAKINOYU GROUP
お問合わせ/予約センター : Tel. 0242-29-1000